失業保険 給付率

Sponsord Link


失業保険でもらえる金額は給付率がカギになる

失業保険を申請し、貰える金額は「基本手当日額」というものが基礎になります。
基本手当日額×給付日数=実際の貰える金額、ということになるのですが、それでは基本手当日額はどのように計算されるのでしょうか。

 

基本手当日額を計算するには、まずは賃金日額を算出する必要があります。
賃金日額とは、分かりやすく言えば退職直近6ヶ月の給与の平均額です。
ボーナスを除く6ヶ月間の収入を合計したものを180で割ると賃金日額が分かります。

 

この賃金日額に、50%から80%(60歳〜65歳未満の場合は45〜80%)の「給付率」を掛ける事で、基本手当日額は計算されます。
パーセンテージが変われば、当然受け取る金額も変わって来ますので、給付率は失業保険のカギになるものだといえます。

 

失業保険の給付率はどのように決まるのか

失業保険の給付率は50〜80%の範囲内であると書きましたが、これはハローワークの人が個々の判断で決めると言う訳ではありません。
雇用保険に加入していた期間や、退職の理由(会社都合、自己都合)、そして賃金日額を総合的に判断し、決定されます。
分かりやすく言えば、高いお給料をもらっていた人は給付率が低く、低いお給料だった人は給付率が高くなると言えるでしょう。

 

給付率は、賃金日額によって4段階に分かれています。
たとえば、30歳〜45歳未満のケースを見てみましょう。
平成23年度改正雇用保険法により、賃金日額の下限額が引き下げになりましたので、給付率は以下のようになります。

 

[30歳以上〜45歳未満の場合の給付率]
賃金日額 2330円以上〜4650円未満 :80%
賃金日額 4650円以上〜11770円以下 :50%〜80%
賃金日額 11770円以上〜14340円以下 :50%
賃金日額 14340円超〜 :基本手当日額は7170円(固定の上限金額)となります。

 

全ての年齢で、このような4段階の給付率目安がありますので、失業保険の給付を希望する場合は、ハローワークで相談したり、ネットで自分の場合をチェックしてみましょう。

 

気になるのは、「50〜80%」の部分です。
この部分に当てはまる場合、失業保険の基本手当日額は「Y=(-3W+71530)W÷74600」という式で計算されます。
(Y=基本手当日額/W=賃金日額)

Sponsord Link