失業保険 出産

Sponsord Link


妊娠・出産…その時失業保険はどうなる?

妊娠を機に、出産準備の為に退職する女性は多いと思います。
この場合、失業保険を受給する事はできません。
失業保険は原則「すぐに働く事ができ」なおかつ「就職活動をする意思がある」人に給付されます。
退職の理由が妊娠の場合、例え再び働きたいという意思があっても、事実上ただちに働く事ができないので、失業保険が貰えないのです。

 

しかし、ハローワークで失業保険の受給期間を延長申請する事により、産後に失業保険を受け取る事も可能です。
妊娠・出産や病気等のやむを得ない理由で、30日以上働けない状態が続いた場合、受給期間は最大3年間延長することができます。
本来、受給期間は「離職した日の翌日から1年間」とされているので、この1年にプラスして3年と考えると、受給期間が最大4年間となるのです。
この延長期間は個々のケースで異なるので、詳しくはハローハークで相談する事をお勧めします。

 

失業保険を受け取っている間に妊娠したら?

失業保険と妊娠を考える時に、もう一つ想定できるシチュエーションがあります。
それは、失業保険を受け取っている間に妊娠する場合です。
この場合も、妊娠が分かった時点でハローワークに延長の手続きをとりましょう。
延長手続きをとった場合、給付されていない部分は産後受け取る事ができます。

 

ただし、失業保険が給付されるのは、前述したように「すぐに働く事ができ」なおかつ「就職活動の意思がある」状態が前提となります。
出産後、この条件が満たせるようになったら、ハローワークで延長解除の手続きをとりましょう。

 

出産のための失業保険の延長で必要な手続き

ハローワークに「離職票」「母子手帳」、「印鑑」を持参し、窓口で「受給期間延長申請書」に記入します。
この手続きは本人が難しい場合、代理人も可能です。
また、郵送で手続きする事もできます。
手続きの期限は「離職日の翌日から働けない日が30日を超えた日から1カ月以内」と定められていますので、忘れずに申請しましょう。

 

出産後、失業保険の延長を解除する場合の手続き

出産後状況が落ち着き、再就職できるようになったら、ハローワークで失業保険の解除手続きをとりましょう。
必要書類は「離職票」「雇用保険被保険者証」「写真付きの公的身分証明書(免許証や住基ネットカードなど)」「縦3p×横2.5pの顔写真2枚」「受給期間延長通知書」「金融機関の通帳」「母子手帳」となります。

 

この手続き後7日間の待機期間を経て、最初の失業保険が支給される事になります。
延長手続きをとった場合、自己都合退職の給付制限(90日)は課されません。
以降は4週間に1回、失業認定日にハローワークに行って失業認定されると、5~7日後に指定口座に失業保険が振り込まれます。

 

失業保険の延長を解除する時に注意したい事

※就職するにあたり、子どもを預ける場所(祖父母や保育所など)が確保されている事。
確認書類が必要な場合があるので、ハローワークに詳しくは相談してみるとよいでしょう。

※受給期間の延長は1度しか申請できないと言う事。
就職活動を再開したとたんに第2子を妊娠したり、怪我や病気で働けなくなっても、再び延長する事はできません。
誰しも、将来何が起こるかはわかりませんが、失業保険の延長を解除するタイミングは、慎重に選択した方が良いようです。
最近は、お母さんの為の「マザーズハローワーク」等もありますので、心配な事があったら、小さな事であってもまずは相談してみる事をお勧めします。

Sponsord Link