派遣 失業保険

Sponsord Link


派遣でも失業保険は貰える!

自分は派遣社員だから、失業保険は貰えないかも…と思っている人もいるかも知れません。
そんな貴方にグッドニュースです!
派遣でも、バイトでも、正社員でも、雇用保険の被保険者になれる適用条件を満たしているのなら、失業保険は貰えるんです!

 

≪失業保険を貰う為の「適用条件」≫

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上
  • 1年以上引き続き雇用されることが見込まれる

 

ご覧の通り、普通に正社員と同じようにバリバリ働いている人は、失業保険が貰えます!

 

もう少し詳しく説明すると、派遣社員の場合は「一般被保険者=1週間の所定労働時間が30時間以上」あるいは、「短時間労働被保険者=1週間の所定労働時間が20時間以上」のいずれかにカテゴライズされていればOKです。
上記のカテゴリーはそれぞれ被保険者期間の計算方法が変わって来ますので、バイト感覚で週末派遣社員をしている人は、この条件がクリアできるか心配なひとは、事業所に自分はどちらのケースに当てはまるか聞いてみると良いでしょう。

 

派遣の人が失業保険をもらう為の条件

派遣の人が失業保険をもらう為には、以下の2つの条件を満たす必要があります。

 

  • 雇用保険の被保険者である
  • 雇用保険の被保険者期間が、「短時間労働被保険者の場合は12ヶ月以上」「一般被保険者の場合は6ヶ月以上」ある

 

この条件を満たしていたら、次に大きく影響して来るのが「退職理由」です。

 

≪退職理由の考え方≫
(1)契約期間中に離職する場合
 会社から離職を申し入れられた場合>会社都合(特定受給資格者)
 自分から離職を申し出た場合>自己都合(一般受給資格者)

 

(2)契約期間(3年未満)満了で離職する場合3年未満の雇用の場合)
 会社から離職を申し入れられた場合>自己都合(一般受給資格者)*給付制限なし
 自分から離職を申し出た場合>自己都合(一般受給資格者)*給付制限なし

 

(3)契約期間(契約更新2回以上/3年以上の雇用)満了で離職する場合
 会社から離職を申し入れられた場合>会社都合(特定受給資格者)
 自分から離職を申し出た場合>自己都合(一般)*場合によっては給付制限なし

 

会社都合の場合は、待機期間の7日が経過したら、すぐに失業保険給付の流れとなります。
しかし、自己都合の場合は、給付制限の90日をプラスした97日間、失業保険給付までじっと我慢することになります。
失業するとただでさえ経済が厳しくなるのですから、できれば会社都合にして欲しいですよね。

 

派遣先に会社都合にしてもらう為の方法

退職後すぐに離職票を派遣元に要求すると、自己都合扱いの離職票になってしまう場合があります。
これを防ぐ為には、自分から離職票を要求せずに、1ヶ月間待ってみましょう。
1ヶ月経つと、「派遣元は仕事を1ヶ月探してみたけれど見つからなかった=会社都合での退職となった」という扱いになるのです。
1ヶ月も待つと言うのは、なんだか損した気分かも知れませんが、自己都合の3ヶ月より全然マシですし、失業保険の給付もすぐ始まりますので、まずは腰を落ち着けて一ヶ月待ち、その間は就職活動の下調べなんかをすると良いのかも知れません。自分は派遣社員だから、失業保険は貰えないかも…と思っている人もいるかも知れません。
そんな貴方にグッドニュースです!
派遣でも、バイトでも、正社員でも、雇用保険の被保険者になれる適用条件を満たしているのなら、失業保険は貰えるんです!

 

≪失業保険を貰う為の「適用条件」≫

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上
  • 1年以上引き続き雇用されることが見込まれる

 

ご覧の通り、普通に正社員と同じようにバリバリ働いている人は、失業保険が貰えます!

 

もう少し詳しく説明すると、派遣社員の場合は「一般被保険者=1週間の所定労働時間が30時間以上」あるいは、「短時間労働被保険者=1週間の所定労働時間が20時間以上」のいずれかにカテゴライズされていればOKです。
上記のカテゴリーはそれぞれ被保険者期間の計算方法が変わって来ますので、バイト感覚で週末派遣社員をしている人は、この条件がクリアできるか心配なひとは、事業所に自分はどちらのケースに当てはまるか聞いてみると良いでしょう。

 

派遣の人が失業保険をもらう為の条件

派遣の人が失業保険をもらう為には、以下の2つの条件を満たす必要があります。

 

  • 雇用保険の被保険者である
  • 雇用保険の被保険者期間が、「短時間労働被保険者の場合は12ヶ月以上」「一般被保険者の場合は6ヶ月以上」ある

 

この条件を満たしていたら、次に大きく影響して来るのが「退職理由」です。

 

≪退職理由の考え方≫
(1)契約期間中に離職する場合
 会社から離職を申し入れられた場合>会社都合(特定受給資格者)
 自分から離職を申し出た場合>自己都合(一般受給資格者)

 

(2)契約期間(3年未満)満了で離職する場合3年未満の雇用の場合)
 会社から離職を申し入れられた場合>自己都合(一般受給資格者)*給付制限なし
 自分から離職を申し出た場合>自己都合(一般受給資格者)*給付制限なし

 

(3)契約期間(契約更新2回以上/3年以上の雇用)満了で離職する場合
 会社から離職を申し入れられた場合>会社都合(特定受給資格者)
 自分から離職を申し出た場合>自己都合(一般)*場合によっては給付制限なし

 

会社都合の場合は、待機期間の7日が経過したら、すぐに失業保険給付の流れとなります。
しかし、自己都合の場合は、給付制限の90日をプラスした97日間、失業保険給付までじっと我慢することになります。
失業するとただでさえ経済が厳しくなるのですから、できれば会社都合にして欲しいですよね。

 

派遣先に会社都合にしてもらう為の方法

退職後すぐに離職票を派遣元に要求すると、自己都合扱いの離職票になってしまう場合があります。
これを防ぐ為には、自分から離職票を要求せずに、1ヶ月間待ってみましょう。
1ヶ月経つと、「派遣元は仕事を1ヶ月探してみたけれど見つからなかった=会社都合での退職となった」という扱いになるのです。
1ヶ月も待つと言うのは、なんだか損した気分かも知れませんが、自己都合の3ヶ月より全然マシですし、失業保険の給付もすぐ始まりますので、まずは腰を落ち着けて一ヶ月待ち、その間は就職活動の下調べなんかをすると良いのかも知れません。

Sponsord Link