失業保険 所得税

Sponsord Link


失業保険は所得税がかからない

失業保険の給付を受けている間は、当然失業中ですのであらゆる出費が気になると思います。
税金の面も心配になるかもしれませんが、ご安心下さい。
所得税に関しては、失業保険は傷病手当同様に非課税となります。

 

ここで、「非課税=税金の手続きはしなくてもいい」と思ってしまうかも知れませんが、失業保険の給付中は確定申告を行っておいた方が圧倒的に節税になります。
会社に勤めているときは、所得税は毎月給料から天引きされ、源泉徴収されていました。
このときに前もって払っていた税は、失業して所得が下がると「払い過ぎ」ということになります。
確定申告をすれば、この払い過ぎの税金が還付してもらえます。

 

会社勤めのときは、所得税をはじめとする税金関係の手続きは年末調整等で会社が一手に引き受けてくれていました。
退職して失業保険の給付を受けている間は、こういった手続きを何もかも自分でしなければならないので、面倒に感じるかも知れません。
しかし、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」というホームページを活用すれば、必要事項を打ち込むだけで自動計算してもらえるうえ、プリントアウトして確定申告時に使う事が出来ます。
また、税務署の職員さんも相談に乗ってくれると思いますので、失業保険受給中は、ぜひ所得税の確定申告にチャレンジして下さい。

 

所得税以外の税金はどうなるの?

失業保険の受給中は、所得税以外の税金手続きも自分で行わねばなりません。
国民年金に関しては、社会保険庁で手続きすれば失業保険受給中は全額または半額免除になる制度があります。

 

税金関係で気になるのは、住民税です。
先ほど、「失業保険の給付金は非課税」だという話しをしました。
所得税に関しては、確定申告をすればむしろ還付が戻って来るので心配ないでしょう.
ただし、住民税は前年度の所得を元に計算されます。
収入が前年度より当然低くなっているのに、税金は前年度並みというのは苦しいものです。

 

どうしても住民税の納付が難しい場合、お住まいの自治体役場に相談すると、1年間支払いを止めてもらえる制度もあります。
所得税の確定申告をすると同時に、こういった制度にも目を向けておくと、失業中の生活が少しは楽になるのではないでしょうか。

Sponsord Link