失業保険 再就職手当

Sponsord Link


再就職手当とは

再就職手当とは、失業保険給付中の人が就職した場合に、就職手当としてお金がもらえる制度です。
分かりやすく言えば、再就職のお祝い金、という感覚で捉えると良いのでは無いでしょうか。

 

失業保険は本来失業中にのみ給付されるものですので、就職が決まれば当然給付は停止します。
しかし、就職の時点で、ある一定基準以上の給付日数が残っていれば、再就職手当を貰うことができるのです。

 

再就職手当をもらう為の条件

再就職手当をもらう為には、以下の条件を満たす必要があります。

 

  • 失業保険の受給資格がある人が安定した職業に就職する場合。(註)安定した職業とは、事業主になって雇用保険の被保険者を雇用する場合や、雇用保険の被保険者になる場合を指します。
  • 上記の人の基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上、かつ45日以上残っている場合。

 

 

再就職手当の支給額

再就職手当の支給額は、「基本手当日額×(所定給付日数の支給算日数×30%)」の式で計算されます。
ちなみに、基本手当日額の上限は6030円です。
(60歳以上65歳未満の場合は4864円)

 

再就職手当と税金の関係

失業保険の給付金と同様、再就職手当は非課税所得ですので、所得税はかかりません。
非課税だということは、いわゆる「103万円の壁」(所得税法における扶養:控除対象配偶者の収入限度額)には抵触しません。
ただし、扶養は扶養でも健康保険・厚生年金を考える上では、失業保険および再就職手当の収入も「103万円」の計算に含まれますので、注意しましょう。

 

失業保険を全て受け取ってから就職する?それとも再就職手当をもらう?

再就職手当は、本来貰えるはずの失業保険の一部を受け取る形になります。
したがって、最後まで満額で受け取るよりも金額は目減りします。

 

こう考えると、失業保険をフルで受け取ってから再就職した方が良いと思う方もいるかもしれません。
しかし、就職はご縁ですし、お給料の方が基本手当よりも、ほとんどの場合は高額だと思います。
だから就職のチャンスがあったら、失業保険に執着せず、パッと再就職し、再就職手当をもらった方が結局金額的に得だと言えるのではないでしょうか。

Sponsord Link