失業保険 上限

Sponsord Link


失業保険の上限を考える

失業保険には、上限と下限があると言われていますが、それはどうやって計算するのでしょうか?

 

失業保険の金額は、「基本手当日額×給付日数」で計算されますので、単純に考えれば「基本手当日額の上限×給付日数の上限」を計算すると、失業保険の上限が分かると言えるでしょう。

 

失業保険の基本手当日額の上限

失業保険の基本手当日額を計算するには、まずは各人の賃金日額を算出する必要があります。
賃金日額は、退職直近6ヶ月の給与(ボーナスは除く)の合計を180で割った金額です。
この金額に50%から80%(60歳から65歳未満の場合は45%から80%)の給付率を掛けると、基本手当日額が計算されます。
給付率は、賃金日額の金額によって異なります。
一般的には、高収入の人は給付率が低く、定収入の人は給付率が高くなっています。

 

わかりやすく考える為に、30歳〜45歳未満のケースを見てみましょう。

 

平成23年度改正雇用保険法により、賃金日額の下限額が引き下げになりましたので、給付率は以下のようになります。

 

≪30歳以上〜45歳未満の場合の給付率≫
賃金日額 2330円以上〜4650円未満 :80%
賃金日額 4650円以上〜11770円以下 :50%〜80%
賃金日額 11770円以上〜14340円以下:50%
賃金日額 14340円超〜       :基本手当日額は7170円(固定の上限金額)となります。

 

つまり、計算の基礎となる賃金日額には上限が設定されている事がわかります。
30歳以上〜45歳未満の場合は、7170円が上限額です。
参考までに、各年齢別の上限額を上げておきます。

 

30歳未満 6455円
30歳以上〜45歳未満 7170円
45歳以上〜60歳未満 7890円
60歳以上〜65歳未満 6777円
65歳以上      6455円
(平成23年8月1日〜平成24年7月31日適用分)

 

失業保険の給付日数の上限

失業保険の給付日数は、退職事由(会社都合/自己都合)と年齢、雇用保険の被保険者期間の組み合わせによって異なります。
上記の例をとってみますと、30歳以上〜45歳未満の最高になるのは270日(35歳以上45歳未満で、雇用保険に20年以上加入)=270日となります。

 

これらを併せて考えると、30歳未満〜45歳未満の場合の失業保険最高額は、「7170円(基本手当日額上限)×270日」という事になりますね。
ただし、給付日数は年齢(5段階)と雇用保険の被保険者期間(5段階)のチャートで決まるので、自分のケースの最高額を考えるには、やはり個別の計算が必要になるでしょう。

 

65歳以上の場合の上限は失業保険の計算法が異なる

さて、上記の計算法は原則的に65歳未満の人に当てはまります。
65歳以上で定年退職した人の場合、給付日数は雇用保険の加入期間が1年未満の場合30日、1年以上の場合は60日と上限が決まっています。
従って、これらの期間に準じて基本手当日額と掛け算する必要があるのです。
ちなみに65歳以上の方の場合は、失業認定後、上記の日数分を上限として「高年齢求職者給付金」として一括払いされることになります。

Sponsord Link