失業保険とは

Sponsord Link


失業保険とは何か

失業保険とは、分かりやすく言えば失業中の生活を保障し、安心して再就職の為の活動ができるようにするための制度と言えます。
会社を辞めても、すぐに新しい就職先が見つかるとは限りません。
むしろ、現実的にはなかなか見つからないのが普通ですので、失業保険があると心強い者です。

 

では、失業保険を貰える資格(受給資格)は、どのような人に当てはまるのでしょうか。

 

失業保険の受給資格

  • 離職日より以前の2年間で、雇用保険に満12ヶ月以上加入していること
  • 離職日をさかのぼって1ヶ月ごとに区切った場合、賃金の支払いの基礎となる日数がその1月あたり11日以上ある月が12ヶ月以上あること

 

言うなれば、12ヶ月以上普通に勤務していた事実があれば失業保険の受給は問題ないと言う事です。
ただし、ここでちょっと注意が必要です。

 

失業保険をもらえないケース

  • アルバイトの場合は雇用保険の対象外になっている事がある=失業保険が貰えない場合があります。
  • 事業所自体が失業保険に加入していない=失業保険は貰えません。

 

逆に言えば、このあたりは就職時や勤めている間にしっかりチェックしておきたいポイントです。
確かめるには、給与明細の「雇用保険料」の項目があるかどうか調べてみて下さい。
この項目があれば、失業保険は出るので大丈夫です。

 

期間に関してですが、1つの会社で12ヶ月という意味ではなく、通算12ヶ月という扱いになります。
これから辞める会社でたとえば5ヶ月しか働いて無かったとしても、さらに前の会社で7ヶ月以上勤務していればOKなのです。
通算しても12ヶ月にならないという場合は…とにかく足りない分の期間は頑張って働き、受給資格をクリアしましょう!

 

ちなみに、最初の「受給資格」を見た時に、「自分の勤務は12ヶ月以下だからなあ、失業保険は無理かな」と諦めた人はいませんか?
失業保険の受給資格には例外もあります。
離職理由が会社都合等の場合は、下記の条件がクリアされていれば失業保険を受給可能です。

 

会社都合等で離職する場合の例外ケース

  • 離職日より以前の1年間で、雇用保険に満6ヶ月以上加入していること
  • 離職日をさかのぼって1ヶ月ごとに区切った場合、賃金の支払いの基礎となる日数がその1月あたり11日以上ある月が6ヶ月以上あること

 

これ以外にも、「扶養と失業保険の関係」「定年退職と失業保険の関係」など、気になる事は多いと思います。

 

扶養と失業保険

扶養家族が失業保険を受給する場合、「年収130万円以下」という収入条件があります。
認定が難しくなる場合があるので要注意です。

 

定年退職と失業保険

たとえ定年退職した人でも、再就職の意思があり、かつ失業保険の受給資格を満たしていれば、失業保険を得る事ができます。
ただし、65歳以上の場合は雇用保険の加入対象ではないので、「高年齢求職者給付金」という扱いになります。
退職理由に関係なく、雇用保険に加入していた期間が1年以上あった場合は50日分、1年未満〜半年以上だった場合は30日分の基本手当が支給されます。

Sponsord Link