失業保険 必要書類

Sponsord Link


失業保険申請の必要書類

会社を退職し、失業保険の受給を希望するときは、ハローワークで手続きする必要があります。
退職後自動的に失業保険が貰える訳ではありませんので、まずは必要書類を集める所から始めましょう。
書類は、正社員、派遣、パート等に関係なく共通しています。

 

(1)勤めていた会社から貰う書類

  • 「雇用保険被保険者証」および「離職票」

(2)自分で集める書類

  • 「縦3p×横2.5pの写真2枚」
  • 「写真付きの公的身分証明書(免許証や住基ネットカードなど)
  • 「印鑑」
  • 「本人名義の預金通帳」

(3)ハローワークで入手する書類

  • 「求職申込書」

 

(1)は特に手続き上必要な書類ですので、必ず確認しましょう。
万が一手元になければ、勤めていた会社に連絡し、請求することになります。

 

(2)に関しては、写真は駅前等によくあるインスタント証明写真で大丈夫です。
最近はデジカメで撮る人もいるようですが、写真の出来具合によっては認められない事もありますので、ケチらずに撮影しておいた方が無難です。
この写真は本人確認が目的ですので、スーツを着る必要はありません。

 

印鑑は、認め印で問題ないと思います。
本人名義の預金通帳に関して、近年ネットバンキング主体で預金通帳がない銀行もあります。
口座を確認する事が目的なのでカードで良いのでは?と思うかも知れませんが、心配な場合はハローワークに事前に確認することをおすすめします。

 

失業保険の具体的手続きの必要書類もある

上記の必要書類をハローワークに提出し、手続きが認められると、次のステップとして「雇用保険受給者初回説明会」に出席する事となります。

 

この説明会では、失業保険の実際の手続きで必要書類となる「雇用保険受給資格者証」および「失業認定申告書」が貰えますので、必ず参加しましょう!

Sponsord Link