失業保険 傷病手当

Sponsord Link


失業保険と傷病手当

病気や怪我で働けなくなった場合、勤めている会社を退職して失業保険を貰うと言う方法と、今勤めている会社で傷病手当を受け取ると言う方法、2つの選択肢があります。

 

失業保険は、前提として「働く能力があり、なおかつ働きたくても仕事が無い」人が対象となります。
病気で退職したとしても、退職後手続きが出来る期間内に病気が完治して働ける状態であれば、失業保険が受け取れます。
病気が完治しなかった場合は、治って働けるようになるまで、失業保険の受給期間を延長してもらうことができます。
延長の期間は個別のケースによって異なりますが、最大3年と言われています。

 

傷病保険の対象者は、会社員や公務員等の健康保険の被保険者であることが条件ですが、具体的にはどのような内容なのでしょうか。

 

傷病手当は貰っておいた方がいい

傷病手当は、病気や怪我で連続3日以上欠勤し、仕事をすることができず、収入が減ってしまう場合に支給されるものです。
貰える額は、簡単に言うと貰っている給与の3分の2の金額です。

 

傷病手当がもらえるのは、業務外の病気や怪我をした場合です。
(仕事中や通勤中に病気や怪我をした場合は、労災の休業補償になります。)
期間は、支給されることとなった日から1年半です。
ちなみに、傷病手当は健康保険の加入期間が1年以上ある場合は、退職後でも引き続き受け取れます。

 

失業保険と傷病手当はWで貰える?

退職後でも傷病手当が引き続き受け取れるのであれば、気になるのは失業保険との兼ね合いです。
ダブルで貰えるとしたら、経済的にはかなり助かります。
しかし、残念ながら結論から言えば失業保険と傷病手当を同時に受け取る事は出来ません。

 

失業保険を貰う為の大前提は、「働く能力があり、なおかつ働きたくても仕事が無い」状態ですから、「傷病手当をもらっている=病気や怪我の治療が現在進行形で働けない状態である」人は、失業保険はもらえません。
ただし、病気や怪我が完治し、なおかつ失業保険の支給条件に見合っていれば、失業保険は貰えます。

 

病気で退職したら、まずは失業保険の受給期間延長申請をしよう

失業保険が貰える期間は、離職日の翌日から原則1年以内です。
もし傷病手当金を退職してから1年以上貰っていたら、この間に失業保険は期限切れになってしまいます。
完治したら再就職を希望していると言う場合、ハローワークで失業保険の受給期間延長申請を行いましょう。

 

この手続きをすることで、最長3年間は失業保険の受給期間を延長することができ、いざ就職活動するようになった時にお金の心配がありません。
病気が治ったら、医師に完治した旨を証明する為に「就業可能証明書」に記入してもらい、ハローワークで延長解除の手続きをとりましょう。

 

失業保険や傷病手当は所得税は掛かるのか

失業保険も傷病手当も、非課税の収入ですので所得税はかかりません。
ただし、確定申告する事をお勧めします。
そうすれば、会社に勤めていた時に源泉徴収されていた所得税の還付を受ける事が出来るので、経済的に助かるはずです。

Sponsord Link