失業保険 社会保険

Sponsord Link


失業保険と社会保険の関係

失業保険の給付を受けている間は、年金や健康保険等の社会保険は国民年金・国民健康保険となります。
ただし、退職した時点では、社会保険に関しては3つの選択肢があります。

  • (1)退職する会社の保険に引き続き入る「任意継続被保険者」になる。
  • (2)国民健康保険に加入する。
  • (3)家族の厚生年金・健康保険の扶養に入る。

 

(1)は、退職後2年以内という期間的な縛りがあり、また費用は全額負担となります。
国民健康保険と比べて、金額的に得な方を選ぶのも一つの方法です。
(3)は、経済的には最も負担の少ない方法ですが、失業保険の給付が始まったら、すぐに国民健康保険・国民年金に切り替える必要があるので、注意しましょう。

 

失業保険をもらっている間は国民年金が免除になる場合も

失業保険の給付期間中、経済的に困難な場合は、社会保険庁に「年金の全額・一部免除」を申請する事で国民年金保険料が免除になる場合があります。
(全額免除の場合は支払ったのと同じ扱いになり、一部免除の場合は将来もらえる額が減額になるという違いがあります。)
月々の社会保険の支払いがどうしても厳しいと言う場合は、社会保険庁にまずは相談に行って見ましょう。

 

社会保険の扶養に入る場合は注意が必要

会社を退職した後、家族の年金・健康保険の扶養に入る人も多いと思います。
これ自体は前述したように、経済的負担が少ないのでおすすめなのですが、失業保険の給付が決定したら、すみやかに国保・国民年金に切り替える必要があります。
扶養自体は「年収103万円」の範囲内であればクリアできるので、失業保険で収入がある場合も同様だと思うかも知れません。
しかし、ほとんどの健康保険組合が、失業保険の給付を受けている人が扶養に入る事を認めていません。
「黙っていなければ分からない」という人も中にはいます。

 

しかし、もし発覚した場合は健康保険を利用していた場合は返納しなくてはいけませんし、家族も信用を失ってしまうかも知れないので要注意です。

 

失業保険の延長手続き中や個別延長給付中の社会保険はどうなる?

失業保険の延長手続き中は、家族の扶養には入れない事が多いようです。
詳しくは各健康保険組合に確認する必要がありますが、扶養に入れないと言われた場合は、すみやかに国保・国民年金の手続きをとりましょう。
失業保険の受給中も扶養には入れませんので、こういったケースでは延長から受給終了(または再就職)まで、ずっと国保に入る事になります。

 

失業保険の個別延長給付が認められる場合については、給付開始の時点から国保に切り替わっていると思いますので、そのまま国民年金・国保を続け、再就職したらその会社の厚生年金、健康保険組合に入る事になります。

Sponsord Link