失業保険 加入期間

Sponsord Link


失業保険を貰う為には受給資格をまずチェック

失業保険は、退職したら自動的に貰えると言う者ではありません。
受給を希望する場合は、まずは自分に受給資格があるかを調べなければならないのです。

 

失業保険を貰える人は、退職後続けて働きたいけれど仕事が見つからないので、求職活動をしているということが前提となります。
そして、更に大事なのが雇用保険の加入期間です。
就職の意思や求職活動等の面で条件を満たしていても、加入期間が条件を満たしていなければ、失業保険は貰えません。

 

失業保険をもらうには、雇用保険の加入期間はどれ位必要なのか

失業保険を貰うのに必要な雇用保険の加入期間は、退職の事情により異なります。
一般的には、12ヶ月以上普通に勤務しており、かつ会社が雇用保険に入れてくれていたら問題ないでしょう。

 

≪自己都合退職の場合の加入期間の条件≫
(1)離職日より前の2年間で、雇用保険に満12ヶ月以上加入している
(2)離職日をさかのぼって1ヶ月ごとに区切った場合、働いた日がその1ヶ月あたり11日以上ある月が12ヶ月以上ある

 

ただし、解雇など会社都合で離職する場合は、以下の条件となります。

  • 離職日より以前の1年間で、雇用保険に満6ヶ月以上加入している
  • 離職日をさかのぼって1ヶ月ごとに区切った場合、働いた日数がその1月あたり11日以上ある月が6ヶ月以上ある

 

加入期間をチェックして当てはまる場合は、さっそくハローワークに失業保険の申請を行いましょう。

 

加入期間以前に気をつけたいこと

以上は事業所が雇用保険に入れていてくれた事を前提にしています。
雇用保険に入っていたのなら、正社員、パート等の区別なく、上記の条件を満たす場合は失業保険が受給できます。
しかし、まれに事業所自体が雇用保険に加入していない場合があります。
雇用保険加入の有無は給与明細を見ればハッキリするのですが、もし不明な点があるときは、退職前に会社に相談することをおすすめします。

Sponsord Link